明日香さんの舌と指の愛撫は、とてもソフト。
そして丹念に私の固く閉ざされた蕾みを開こうとしています。
でも、私の反応はとても鈍いみたい。
「本当にこの娘、何も感じてないみたいよ」
明日香さんの声は優しいけど、とても残酷に響きました。


「俺が変わろう」
男の人は痺れを切らしたように言います。
その一言で、明日香さんは愛撫を止め、キスをしてから私の上を放れます。
「ゆきちゃんが上だ」
男の人が仰向けになり、私にアレを咥えるように差出しています。
私は、その肉の塊をゆっくりと咥えたのです。

応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ