「明日香、アレを取ってくれ」
私は膝を開いて、男の人の顔を跨いだまま、男の人のアレを口に含んでいます。
明日香さんが何かを持ってきます。
そして、明日香さんの指で私のアソコと膣の中にひんやりとしたものが塗られていきます。
「これで、滑りが良くなるだろう。さぁゆきちゃん、今度はこっちを向いて」

私はアレを口から放し、向きを変えます。
「跨ぐように、ゆっくり腰を下ろして」
私のアソコにあてがわれた、男の人の肉の塊が私の中にゆっくり挿ってきます。
何か、ローションのようなものを塗られているからでしょうか?痛みはあまり感じません。
それよりも、異物がお腹の中に入ってくるような感覚にとらわれていたのでした。

応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ